トレードの方法 移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンドを使わない理由

ASUKAです

 

トレード日記で移動平均線などを使わないと話した理由について書いていきたいと思います。

 

移動平均線などを参考までに見ることはあってもエントリーの指標としては使っていません。(基本的にボリンジャーバンドだけ)

理由としては前にもお話ししたと思いますけど相場を決めるのはぼくも含めたトレーダーたちであって移動平均線などのグラフではないからです。

移動平均線などははトレーダーたちの感情や心理を視覚的に表すものだと思っています。

それぞれ考え方があるのであくまでここまで勉強したぼくの個人的意見だと思って聞いていてください。

 

実際に今トレードで使っているのはラインの他にダウ理論プロスペクト理論というものを使っています。

いきなり新しい言葉ですね(⌒-⌒; )

ダウ理論プロスペクト理論は簡単に言うとトレーダーの心理状況を把握するものです。

でもトレーダーの心理を理解するためにはまずトレーダーたちがどういう考え方なのかを理解する必要があったので移動平均線などの勉強をしました。

テクニカル分析は他にもたくさんあるのでこれからそれらも勉強していくつもりです。

 

ぼくの性格的にこのやり方がしっくりくるなってことでやり始めました。

まだ上手く行くかはわからないですけど考え方がすんなり入ってくるので合っているのかなって思いました。

 

FXは上がるか下がるかの二択を当てるものですがそのトレード方法は何通りもあります。

生活スタイルやFXの運用に使える金額、自身の性格によって合っているトレード方法を見つけることが一番大事なんじゃないかなって思っています。

 

ダウ理論プロスペクト理論についてはまた詳しく書いていけたらなと思います。

この考え方はすんなり入ってきたのでテンション高めに書けそうです笑

 

ではまた